★お知らせなどなど★

2011_01
11
(Tue)08:39

ポップコーン★れびゅー Vol9

ヽ(*゚∀゚)ノ*「のだめカンタービレ」前編・後編

とにかく映画が好きすぎてこまっちゃうw私の、バリバリ独断と偏見、不定期UPのポップコーンムービー レビューです★
なにかの参考にどうぞ♪

過去のれびゅーは→こちら

ヘ(゚∀゚*)ノ*:.。..。.:*ヽ(*゚∀゚)ノ*:.。..。.:*ヘ(゚∀゚*)ノ*:.。..。

のだめカンタービレ」全編・後編 (Japanese movie)
71AIzhRCsbL_AA1036_.jpg

*ドラマの内容
ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音大学生・千秋真一は、生まれ育ったヨーロッパに(胴体着陸の恐怖体験により)重度の飛行機恐怖症である為に行くことが出来ず(海で溺れたことがあり、船にも乗れない)将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。担任の教授の教育方針に反発し口論の末に決別、別れた彼女にもつれなくされて自暴自棄になっていた。
ある日、千秋は酔っ払って自宅の前で眠ってしまう。目が覚めると周囲にはゴミの山と悪臭、そして美しいピアノソナタを奏でる女性がいた。彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)で、なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。入浴は1日おき、シャンプーは3日おきというのだめだったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る。そしてのだめもまた、千秋の外見と音楽の才能に憧れて彼に纏わり付くようになる。この出会い以来、千秋はのだめの才能を引き出すべく、何だかんだと彼女に関わるようになる。
将来に行き詰まりを感じていたため無愛想だったが、本来は面倒見が良い性格の千秋は、のだめとの出会いを機に彼女の存在が潤滑油となり、音大の変人たちに出会い、懐かれ、順調に道を踏み外しながらも音楽の楽しさを思い出し、新しい音楽の世界と指揮者への道を一歩一歩切り拓き始める。また、千秋の存在によりのだめもより高い技術を得るための指導者や、環境に出会う機会を得て、それぞれが成長していく。
いやー。実は年末に宅映画したのですが、書くの忘れてましたw
すっかりハマってサントラ聴きまくってるアタシでありますw

もともとドラマからの延長で映画でシメるという
なんともイライラする作品w

それでもドラマの最終回はあれで、良かったし
その後のスペシャルも、一応、ちゃんと終わってたからよかったけど・・・。

それにしても映画の全編の最後はイラっときたw
まぁ、後編があるの前提ですから?
こうして一気に見れるまで待ってたんですけど(笑)



個人的にクラシックは好きなので、見ていて本当に楽しい映画だった。

楽器がまたやりたくなったw

して!!!!!!!

またも海外に行きたい病w
特にパリ!!!!!!!
前回はあんまし勉強しないでふら~っと行ったから(しかも日帰りw)
悔しい!!!!!
またリベンジとして、満喫したい!!!!!><
プラハもいいな♪うふ。

なんでかはわかんないけど、
こっち(カナダ)で、年末にテレビかけると、けっこうベートーヴェン交響曲第7番がかかってたんだよね。CMとかにも使われて・・・。
その度に私の脳内がのだめにww


今回はレビューというか・・・・・
「見てみなよ。楽しいからw」という感想でしたw
まさにポップコーンムービー♪


PC280027.jpg
関連記事

タグ:のだめカンタービレ 映画

C.O.M.M.E.N.T

のだめは見てないや...
これも映画とドラマが続いてる作品なんだ。
海猿もそうなんだよね...v-12
日本ってそういう売り方しないとアメリカ映画みたいに売れないからなのかな?

プラハの恋人(韓流ドラマ)を見てから、街並みの素敵な所を見て、プラハに行ってみたい!と思ったv-212


2011/01/10 (Mon) 20:48 | ★TAKA★ #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

> のだめは見てないや...
> これも映画とドラマが続いてる作品なんだ。
> 海猿もそうなんだよね...v-12
> 日本ってそういう売り方しないとアメリカ映画みたいに売れないからなのかな?

なんかそういう作品が増えてきましたよね。日本のドラマ。
のだめは、題材が好みだったのでww他はあんまり邦画はみないほうなんですがね~。

> プラハの恋人(韓流ドラマ)を見てから、街並みの素敵な所を見て、プラハに行ってみたい!と思ったv-212

ヨーロッパはほんと町自体絵になります;;素敵ですよね★

2011/01/11 (Tue) 18:00 | あさみん→★TAKA★さんへ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック