★お知らせなどなど★

2014_01
18
(Sat)22:39

Willについて学ぶ。


Willとは、遺言書のことです。


今日は、友人が月一でやっている、お勉強会にお邪魔してきました(^^)
本当は去年のうちから誘われていたんだけど、なかなか都合がつかず、今年になってはじめて参加できました★

彼女のやっているお勉強会とは、主にこちらに住んでいる日本人の人たちへ向けてのもので、毎回ためになるお話、講習をしています。
年金の仕組みや、老後のこと、医療英語などなど・・・。さらには、みんなでウォーキングやマラソン大会への参加など、人生をイキイキ過ごすために、日本人同士の輪を広げましょう・・・といったような活動だそうです。

彼女とは縁あって、去年知り合い、それ以来色々お世話になっておりますm(__)m

さてさて。
そして、今回は「遺言書」について。日系2世の弁護士さん(日本語がペラペラ!)がざっくり基本的なことを教えてくださり、そのあと質問に答える・・・ような感じだったのですが、非常に興味深いものでした。

「遺言書」なんて、火サスで金持ちおじいちゃんが書いて、相続争いでごったごた・・・なーんてイメージしかないもんでwww

でも、やはりこの国は、なんでも「自分の身は自分で守る」的なものがあるので、遺言書もそんなに珍しいものではないんだそうです。 ちなみに相棒のお母様は毎年年のはじめに書いて、新しくしなおしています(笑)

特に、自分や配偶者はカナダにいて、自分の親や子供が日本にいる、といった場合、ますます死後はややこしくなったり、ほぼ税金でわけもわからず国にごっそり持っていかれたりするので、自分のお金や家、物の行く末をきちんと書いておくべきなのだそう。 φ(○_○ )ノフムフム

遺書なんて、自分の死を考えるようで、イヤだ。というお年寄りの方も多いようですが、逆に私のような年齢だと、意外とすんなり書けそう(笑)
しかも前に、誰かから「そういうのをキチンとしてる人に限ってなかなか死なないもんだしねwお守り代わりにw」なーんて聞いて爆笑してたくらいだからなwww

私の場合、お金はないんだけど(爆)「モノ」が多いので、その行く末を考えてやりたいなぁーなんて思ったんです。はい。
それも、一般的にみると、ぜんぜん価値がないものだったりするんだけど、見る人にとっては価値が大ありという・・・・まぁ・・・・あれですね・・・・・おもちゃとかw本とかw機械類とかwww(爆)

色々思い始めたのは、自分の祖母が亡くなって、亡くなった翌日に急に持ち主をなくした「モノたち」をみたときで、残された人たちが処分するっていうのを観たとき。
それと、去年、友人の友人が急死して、その人が持っていたものたちが、どうなっていくのかを聞いたとき。


とまぁ、なんだかダラダラと書いたけど・・・

本当にためになった2時間、あっという間!
その弁護士さんは、色々なトラブルに関しても相談にのってくれる、ということなので、今日知り合えたことにも感謝★ 




【おまけ その1】


・・・・猫ってやっぱり なんか見えてるよな・・・・・って思った。 うん・・・・・汗

unnamed_20140119133524efe.jpg

注)私のうしろには何もいませんでしたけどwwwww




【おまけ その2】

今日、勉強会から帰ってくるバスの中。
向井理氏に激似な男性が乗ってきて、2度見、3度見、いや ガン見したよねwwwwww
あまりにも似すぎててwwwww
多分、韓国人の方たっだと思うけど・・・・


いやーやっぱり世界にはそっくりな人が3人くらいいるんだろーなー!!!!!(゚∀゚)


関連記事
January 22   
«  HOME  »